エステティシャンとは?

美のスキルを極めた仕事

エステティシャンとは、美容業界に数ある仕事の中でもエステサロンで施術を行う人のことを言います。
エステサロンで行われるのはフェイシャルエステやボディへのマッサージ、また脱毛や痩身といった施術です。

エステで働くスタッフには受付や営業、マーケティングといったものもありますが、エステティシャンと呼ばれるのは実際にお客さんと対面してそのサロンでの施術を行う人のことを言います。
そのため、エステティシャンとして勤務をするためには事前にそのサロンで行う施術スキルを身につけたり、機器の操作方法をマスターしておく必要があります。

そのため、エステティシャンとして就職活動をするときにはまずエステで働くための知識や技術を備えておくことが必須となっています。
必ずしも取らなくてはならないものではないものの、エステで働くための基礎的な知識や技術を身につけていることを証明できる資格を取得しておくと、就職活動ではかなり有利になります。

ただしエステティシャンとしての資格は国家資格や公的資格として特定のものがあるわけではなく、民間団体が独自の基準で実施しているものや、大手エステサロンが社内向けスタッフのために段階別に設定しているようなものがほとんどです。

もし全くの未経験からエステ業界に入りたいと考えるなら、まずはできるだけ知名度の高いエステティシャンのための資格を取得することを目指したり、専門のスクールに通うようにするのがおすすめです。

ちなみに日本で行われているエステティシャンのための資格としては、日本エステティック協会が行っている「認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)」や「フェイシャルエステティシャン」「トータルエステティシャン」といったものが代表的です。

学ぶべきことはたくさん

エステティシャンとして勤務をするときには、まずエステの仕事について詳しく知っておく必要があります。
おそらくエステティシャンという仕事に興味を持つ人は、実際に自分でもいずれかのエステを体験したことがあるものと思います。

エステサロンで行われる施術としては、顔や全身へのマッサージ、痩身施術、脱毛、その他全身の美容に関する多く範囲のものがあります。

お店の規模やスタイルにもよりますが、ほとんどのエステサロンでは数多くの施術コースがありそれによって使用される機器や技術が違っていたりします。
ですので、エステティシャンになるために勉強をするときには基礎的な知識に積み重ねるようにそのお店で行われる施術を学んでいかなくてはいけません。

エステティシャンとして仕事に就き、また仕事を続けていくためにはまずたくさんのことを覚えてさらに学習を継続していくことが大切になります。

マッサージ方法や専用機器の操作方法だけでなく、それを受けるお客様の心理面や体への影響、さらにゲストをもてなすための接客術など備えて置くべきスキルは数多くあります。
奥の深いエステティシャンの仕事はそれだけに大変やりがいの大きなものです。